バイク販売・修理・車検・レース・レストアはお任せ下さい。

各種セットアップ

エンジン

走行距離や車両状況を把握確認し、ご希望に沿えるようセットアップ及び整備をさせて頂きます。
各種セットアップ エンジン1 各種セットアップ-エンジン2 各種セットアップ エンジン3

サスペンション

サーキットまたはストリート それぞれのニーズ&パーパスに合わせたセットアップを目指します。
前後サスペンションOHもご相談下さい。
サスペンション1 サスペンション2

吸気、排気系

ミニバイクからビックバイクまで幅広く対応させて頂いております。
吸気、排気系1 吸気、排気系2 吸気、排気系3

インジェクション

コントローラー、オプションパーツ取付けから実測セットアップまで対応可能です。
インジェクション1 インジェクション2

フューエルインジェクション 燃料調整

インジェクション車両の燃料調整(燃調)を行うにはコントローラーが必要となります。
(純正ECUを直接操作する物もありますが現段階では割愛させて頂きます)
こちらの商品の取り付けは純正ECUに割り込ませる事で作動させます。
ノーマル状態の燃料噴射、点火時期を数字の0(0マップ)とし、
その0純正状態に対して燃料、点火の増減を行います。

当店取り扱い商品

POWER COMMANDER(サブコン)
power-commanderパワーコマンダー概要
*基準のエンジン回転、アクセル開度にて燃料補正
*基準のエンジン回転、アクセル開度にて点火時期補正
*補正MAP2パターンを搭載し切り替え可能
オプション
*ポッド(データーロギングが可能となります)
*オートチューン
*オートシフター

その他詳細パーツ等はお問い合わせ下さい。

取り付け及び設定
車両への取り付け後同梱のソフトをお使いのPCへインストールし各項目の設定を行います。
この設定を行うことにより詳細なデーターを表示、ロギングが可能となります。
ソフトはDynojet HPからもDL頂けます。
(ロギングには別途オプションが必要となります)
power-commander2 power-commander3
Caution
過度な燃料噴射増減、点火進角はエンジン破損の原因となる場合があります。
特にお使いはじめなどはご注意願います。

調整ソフト&MAP

燃料噴射量や点火時期をPCソフト上で変更、補正しそれをパワーコマンダー内へ送り込むことで
燃料、点火の増減が可能となります。
また作成した数値一覧に名称を付けファイル保存が可能で、その各ファイルをMAPと呼んでいます。
power-commander4 power-commander5

マップ作成

ここからが調整&MAP作成の本題となります。
マップを作成するにあたって以下のような方法はあります。
*実走行しながら体感、アクセルフィーリングなどを頼りに行う。
*オプションのオートチューン機能を使い実走を重ねフィードバック機能と平行して調整する。
*オートチューン、ロギング機能を使い詳細なデーターを収集、それを基に調整する。
*シャーシダイナモを使い車両より計測された数値を基に調整する。
*上記を複合的に使いより的確なMAPとする方法

ロギングに必要となるオプション

 

pod autotune wideband
ポッド ディスプレイ オートチューン ワイドバンド


シャーシ上で仮実走行状態とし、走行中に近い状態でダイレクトにMAP調整を行います。
同時にエンジン特性、マフラー特性などもグラフ、数値化されより把握しやすくなります。
シャーシダイナモ1 シャーシダイナモ2 シャーシダイナモ3

サーキット走行 インジェクションセッティング

サーキット走行は万能的なストリートセットを更なるパフォーマンスアップを目指し走行当日の条件に
特化したセットとなります。
条件とはマシン仕様、気象、走行コースによるもので、
燃調等はその条件によりバリアブルに変動し車両セットアップが煩雑となります。
現在サーキットでの調整作業はオプションパーツのロギング機能を使い、
細かなデーターを走行毎に収集しより最適となるポイントを探していきます。
サーキット走行-インジェクションセッティング1 サーキット走行-インジェクションセッティング2
走行時にはエンジンデーターのみならず、ライディングデーターもロギングして行きます。
集めたデータをそれぞれのグラフや数値に反映しスポイルされる部分を見つけ出します。

走行軌跡データ

ラップコム ALL100 LAPCOM LAPCOM ロギングデータ
LAPCOM-ロギング1 LAPCOM-ロギング2 * エンジンRPM
* SPEED
* ラップタイム
* 水温 油温

 

Power Core Software POWER COMMANDER ロギングデータ
ロギング2-1 * エンジンRPM
* SPEED
* 開度センサー
* マップポジション
* インジェクター稼働率
* 燃料MAPポジション
* 点火MAPポジション
* AF空燃比
* 補正空燃比
ロギング2-2

コントローラー

最近では色々なコントロールユニットが発売されています。
それぞれに特徴がありコスト面で優れていたり、機能的に優位なものまで様々です。
大別すると フルコン、サブコンに分かれます。

BAZZAZ(サブコン) a Racer(フルコン)
サブコンフルコン1 サブコンフルコン2

このようなユニットは取付けるだけでは何の意味もありません。
データー収集や経験値を基にこれらのユニットを使い走行条件に適した燃調補正を行なわなければなりません。
ユニットが高機能であればあるほどMAP作り手側にも知識と経験が必要となります。
特にフルコンと呼ばれるユニットは純正に対しての補正ではなないので全てが作り手側の作成MAPとなります。
細部にまで渡ってコントロール、調整が可能となるが故に設定や調整が高度な物となります。

サーキット現地セッティング

当店も鈴鹿サーキットをメインとし、250クラスに参戦しています。
現地では積極的に走行データーを収集ししつつ、使用ユニットにも精通できるよう取り組んでいます。
現地セッティング1 現地セッティング2

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0536-26-2876 定休日: レース・イベント開催日

PAGETOP
Copyright © MOTO☆STAR All Rights Reserved.